トップページにもどる
お問合せ

 
 
   
   
 
 
 
【基本方針】

 目まぐるしく変化する社会環境に対応した豊かな生涯学習社会を築いていくため、地域での学習活動の拠点施設である公民館の役割はますます重要となり、地域住民の期待も大きくなっています。
 そこで、本会は行政と一体となり、公民館役職員の意識や能力の向上を目指すとともに、社会教育関係機関・団体等と連携を深め、全ての住民が心豊かで安心して生活できる地域社会の実現のための諸事業を積極的に展開します。

【努力目標】
(1) 本会の主目的である41公民館の連携を強化するとともに、行政や社会教育関係機関・団体 等との連携を図ります。また、役職員を対象とした各種研修等を実施し、公民館活動の充実につなげます。
  ア) 公民館長をはじめとする職員毎の役割を再認識するため、理事会の決定に基づき、役職員研修やブロック交流会等の事業を計画的に実施するほか、公民館の運営方法や公民館活動に関する情報共有に努めます。
  イ) 教育委員会や社会教育関係団体と共催して、知識や能力を高める研修会等を主事部会と連携を図りながら実施します。
  ウ) 公民館活動や地域情報を広く発信するために、インターネットを活用した積極的な情報発信に努めます。
  エ) 全国公民館研究集会をはじめとする各種研修会に、愛媛県公民館連合会の構成団体として積極的に参加することで、本市の公民館活動の充実につなげていきます。
  オ) 自立した活動を目指し、自主財源の確保に向けた手法を各公民館で共有します。
  カ) 松山市公民館研究大会を公民館活動を研究する重要事業に位置付けます。
(2)

公民館施設の整備や公民館事業の充実等について、行政に働きかけるとともにその実現に努めます。

  ア) 公民館事業について、地域のニーズに応えられるよう積極的に行政に働きかけます。
  イ) 公民館の施設・設備の現状や住民要望等を把握し、行政と一体となって施設の有効活用を推進します。
  ウ) 災害時に、地域住民の応急的な避難所として公民館が機能するよう、防災知識や災害時の対応の啓発に努めます。
(3) 市民の多様化・高度化する学習ニーズに応え、学習機会の充実を図るため、自主・自発的な学習を推進支援します。
  ア) 社会環境や住民意識の変化に対応した生涯学習を総合的に援助し、地域の現代的課題を解決するため、社会教育関係団体・NPO等と連携を図りつつ、学習機会の場を提供します。
  イ) 松山市人権教育推進協議会と連携し、学びを通して社会参加意識の向上や人権尊重意識を啓発するなど、住民自治意識の高揚に努めます。
  ウ) 地域や家庭の教育力の向上を目指し、放課後子ども教室や安心安全パトロール事業などをとおして、安心で安全な地域づくりを支援します。
  エ) 地域の中で高齢者や子育て中の親など、ともすると孤立しがちな人々を見極める目を養えるよう、人と人・人とグループを結びつける力に磨きをかけます。
  オ) 公民館が地域住民にとって学習や交流の場である最も身近な公共施設であり、かつ、地域の拠点であることを自覚し、誰もが気軽に集い、学べる場となるよう機能充実を図ります。
  カ) 次代を担う若者の社会参画を推進するため、主事部会でより有効的な施策を調査研究します。